【デレステ】ADBのインストール方法

デレステ Android版でMVの高解像度化やMV録画に必要なadbコマンドを使用できるようにする方法です。

スポンサーリンク
336×280

Quick ADB/Fastboot/Driver installerの導入

簡易インストーラーで簡単に導入できます。

下のページからQuick ADB/Fastboot/Driver installerをダウンロードして実行して下さい。

Android and Windows Mobile Developers - The Largest Community for Phone Hacks and Development of Apps

QuickADBInstaller - ダウンロード

ダウンロードしたQuickADBInstaller.exeを実行するとこのような画面が表示されます。ADBとfastbootを導入するかを聞かれているのでYを押して下さい。
QuickADBInstaller - インストール

次はデバイスドライバーを導入するかを聞かれます。これもYを押して下さい。
QuickADBInstaller - インストール

ドライバーのインストールウィザードが表示されるので次へを押して画面を進めて下さい。
QuickADBInstaller - インストール

QuickADBInstaller - インストール

ドライバーのインストールが終わるとこの画面になります。何かキーを押せば画面が消えて導入ツールが終了します。
QuickADBInstaller - インストール

導入が出来ているか確認してください。
WindowsキーとRキーを同時押しから「ファイル名を指定して実行」を開き、cmdと入力してコマンドプロンプトを起動して下さい。
ファイル名を指定して実行 -CMD

adbと入力してエンターキーを押して下さい。
コマンドプロンプト - adb確認

導入ができていればこの様にadbのコマンド一覧と説明がズラッと表示されます。
コマンドプロンプト - adb確認

Android端末のUSBデバッグを有効にする

パソコンとスマホやタブレットを接続してadbのコマンドを送るためには隠しメニューの「開発者オプション」を有効にする必要があります。

開発者向けオプションを表示させる

設定>端末情報>ソフトウェア情報を開きます。

「ビルド番号」を連打。
何度も連打していると「これでデベロッパーになりました!」と表示がでて設定メニューに「開発者向けオプション」が表示されます。
Android USBデバッグ - 有効化

Android USBデバッグ - 有効化

USBデバッグをオンにする

設定>開発者向けオプションを開きます。

メニューに「USBデバッグ」があるのでオンにします。
「USBデバッグを許可しますか?」と聞かれるのでOKを押してオンにします。
Android USBデバッグ - 有効化

これで端末とPCを接続できるようになりました。